帯と、作り帯のページです。


二色の作り帯

旦那様がこれと同じ生地でときめ着物をお作りいたしました。
同じく奥様も同じ生地で作り帯を頼まれました。
ときめ着物と同じく、斜め裁断をしました。
お太鼓は旦那様の後ろ姿を参考にデザインしました。
前の体に巻く部分は右巻き、左巻きでデザインが変わるようにしました

したに旦那様のお着物の写真も載せておきます。


魍魎と姑獲鳥の帯

魍魎(もうりょう)も姑獲鳥(うぶめ)も妖怪、物の怪の一種です。

この絵は江戸時代の絵師鳥山石燕の『画図百鬼夜行』からです。

独特の世界観の絵です。

これを生地にプリントアウトして帯にして欲しいとの注文で作りました。

魍魎はお太鼓部分で、姑獲鳥は前に来ます。

チョット面白いので、載せました。12000円でお持ちの生地で製作します。


お客様の持ち込みのアフリカの生地で名古屋帯を作りました作りました。

アフリカの生地にも色々あるでしょうが、この生地の表面には「蝋」がついています。

私も又聞きですが。日本で言うろうけつ染めみたいな方式で染める方法もあるそうです。

その蝋が残って居るそうです。

販売店ではこれは糊で洗えば落ちますと言っています。洗濯の温度や方式で落ちると思いますが、

「蝋」であることを知っておいてください。

これは12000円で作らせていただきました。

作りたい方は、遠慮無くご相談ください。

一番下にアドレスがあります。電話でも良いですよ。


おばあさまのワンピースで帯を作りました。

ワンピースを袋帯にしました。素材は麻で夏向きの雰囲気です。

一部染みが抜けていない部分がありましたが、

見えない部分にしました。後は見えない部分で生地を繋いでいます。

ちょっと生地の繋ぎ方と言いますか、そこらの工夫に時間を使いました。

帯を作りたいときは。遠慮無くご相談ください。

一番下にアドレスがあります。


アフリカの生地で作り帯を制作しました。

( お客様から画像が送られてきましたので、画像を追加しました。)

先日この生地で着物を作り、それを見たお客様からのご注文で作りました。


春の帯

畳の縁で作りました作り帯です。

ナイロンで軽く丈夫な素材です。

このピンクとオレンジを見まして、

頭の中に春の帯のイメージが出てきました。

 

畳の練りですので、通常の帯と比べますと少し狭くなっています。

16000円です。


パネルプリントのデニムの帯です

ちょっと面白いデニムを見つけました。

それでお太鼓の作り帯を作って見ました。

好きな生地をお送りくださいますと、お作りいたします。

12000円です。


ゴブラン織りの帯です

生地屋さんで、目について、その時点で頭の中にこの帯が浮かびました。

かなりインパクトのある帯です。

一応私の作るお太鼓の大きさを書いておきます。

帯幅:30cm

たれ:9cm

お太鼓の長さ:36cm(たれを含む)

世界で1つの帯です。

16500円でお分けいたします。


アフリカの生地で作り帯を作りました

生地屋さんに行きますと行きますと、アフリカの生地のコーナーがありまして、

そこでお客様と生地を選んで、帯を作りました。

今回はお太鼓の作り帯を作りました。

たれ(お太鼓の部分)は横に生地を取り、手(胴の部分)は縦に生地を取りました。

生地の模様や柄の取り方違ってきますが一応以下の以下の長さで出来ます。

110cm幅の生地で計算しました。

半幅帯:3.7m

名古屋帯:3.9m

お太鼓の作り帯:3~4m

二重太鼓の作り帯:4~5m

ぐらい掛かります。

生地をお送りくださいますと、12000円で制作いたします。


名古屋帯を太鼓の作り帯にしました

手の部分(胴に巻く部分)の下部を紐締めます。

その後、太鼓部分(たれ先を含む)を取り付けます。

帯枕、帯揚げと帯紐で太鼓部分は固定します。

制作費6000円です。

今回は二つの部分に分けて制作しましたが。

切らずに作り帯も出来ます。

そこらを含めて、ご相談ください。


袋帯を二重太鼓にしました。

お客様のご注文です。

手の部分(胴に巻く部分)の下部を紐締めます。

その後、太鼓部分(たれ先を含む)を取り付けます。

帯枕、帯揚げと帯紐で太鼓部分は固定します。

制作費12000円です。

今回は二つの部分に分けて制作しましたが。

切らずに作り帯も出来ます。

そこらを含めて、ご相談ください。