「ときめ着物(男)」の特徴は衽の縫い目が無い事、

袖幅が長く、その縫い目が体に近くなっている事。

ですのでスッキリと出来ることです。

裾が自然にすぼまってきますので、着崩れがしないことです。

その他、人形もありません。

 


ときめ着物(男)流水

身長180cm、裄78cmのお客様の

ときめ着物を作らせていただきました。

この生地はお客様がお選びになりました物で、

センスの良さが光ります。
地中海クルーズ(だったかな)で着てくださるそうです。


縞と都市名デザインのときめ着物(男)

大きさとしてはヒップで95cm±5cm程度の人の着物です。

着丈145~162cmほどまで(まだ、仕上げていません。)

ですので、身長でしますと165~187cmほどまで

裄は160~175cmほどまで(まだ仕上げていません)

ご相談後に仕上げてお送りいたします。

生地は綿100%、生地はあまり厚くありませんので、

4~10月ぐらいの着物です。

価格は35000円です。

 


ちょっと大胆な裁断をしました。名付けて「D型」です。

背縫いをすべて斜めにしました。このように矢印のような形の背縫いを「D型」と名付けました。

襟は除いて、4枚の生地で出来ています。

もう少し改良の余地はあります。ちょっと難しかったです。

ちょっとアクセントが欲しくて、三角のポケットを付けました。

チャープさが増しました。

この裁断の特許着物「ときめ着物(男)D型」は

今までに無い形です。生地の組み合わせが柄になります。

カジュアルな着物になりますが、作りませんか?

2種類の生地でできます。洋服生地で幅:110cm位のものなら。

250cmの柄違い2枚でできます。

女物もできます。詳しくはご相談ください。

生地は別で製作費35000円です。

 


アフリカの生地の浴衣です。

藍染めの生地です。鳥や動物柄です。そのほかに何か分らない柄もあります。

花だったり、大木か河みたいな物もあります。

でも、何か面白くて、作って見ました。


NO7 格子柄の夏物です。

後ろの下半身の後ろを斜めにカットして柄を合わせました。(ちょっと難しかったです)

左にポケットを付けました。

素材は綿麻なので、これからの季節に良さそうに思います。

お好きな生地でお作りいたします。基本制作費は25000円です。


NO6大島柄の着物です

大島紬柄のプリントものの生地です。綿100%。

まあ、大島もどきです。生地がしっかりしていて、着やすいです。

襦袢と言いますか、下着と言いますか、

ウールで作りました。とりわけ袖は筒袖にしました。

暖かいです。襟は将棋の駒の柄です。藤井7段にあやかりました。

お好きな生地でお作りいたします。

生地をお送りくださいましてもいいですし。

関東にお住まいなら、日暮里(生地屋街)で落ち合ってお話を聞いて

それから一緒に生地を探しても良いです。

それが一番納得出来るかも分かりません。

制作費は二万五千円です。

 

何で、そんな売れない売り方をするのかと言いますと、

皆さん通販で結構失敗しています。売る方も心が苦しいです。

なら、お互いに納得して制作し、販売したいのです。


NO5パイソンの着物

茶色のパイソン柄の柄の着物です。素材的にはポリエステルです。

表面にパイソン柄の鱗状の物が貼り付けて有ります。

軽い上に風も通さず水にも強い素材です、以外と暖かいです。

また、素材的に切りっぱなしでもほつれる事はありません。


NO4デニムとヒッコリーのストレッチ着物

これは、横にストレッチの生地です。着やすいのですが、縫いにくかった。。


NO3

猫の着物です。

デニムとフローリングの柄の片身替わりの着物です。

フローリングとて猫の足跡をアクリル絵の具で付けました。

猫の足跡の判子は消しゴムで作りました。家はアップリケしました。

煙突の煙はデニムをキッチンハイターで脱色です。

猫はボタン。梟はバッチです。


NO2

まだら糸のデニムの着物です。気に入ってます。

背中に窓を付けました。好きな絵はがきとか、写真とか、

好きな歌手のCDの写真のコピーとか、

色々変えられます。


NO1

生地の裏表を片身替わりに作りました。

後ろにポケットを付けました。